バーテンダーへの道

バーテンダーへの道

バーテンダーの求人で求められる要素

バーテンダーの求人に応募しようとしている人は、お酒が好き、もしくはバーそのものが好きな人が多いはずです。しかし、バーテンダーの求人に求められるものは他にもあるのです。
まず、お酒が好きなことです。バーテンダーの仕事はカクテルを中心としたお酒を造ることなので、お酒に関心が無ければレシピを覚えることが出来ず注文を受ける度にレシピブックを見ながらお酒を作ることになってしまいます。しかし、お酒が好きなこととお酒が飲めることは別です。アルコールに弱く、軽く付き合う程度しかお酒が飲めなくても問題はありません。仕事をする上で味を確かめるために試飲することはありますが、本格的に飲むことはないからです。 また、お酒と同じくらい人とのコミュニケーションが好きなことも大事な要素です。バーテンダーの仕事は注文されたお酒を作るだけでなく、バーを訪れるお客様の話し相手になることです。多様な人と会話が出来るコミュニケーション能力が必要とされるのです。

バーテンダーの求人の探し方

バーテンダーはバーやパブでお客様の前でカクテルなどのお酒をつくる仕事で、近年男性だけでなく女性バーテンダーの姿も多く見られるようになってきました。お店には老若男女問わず様々なお客様が訪れるため会話が上手な人やそのために新聞やインターネットをとおして情報に精通し会話を広げられる人に向いています。またお酒やカクテルをつくるのが好きであればなお良く、種類や由来については何百とありますので探求心や向上心といったものも重要となります。バーテンダーはそれだけ奥が深く技術のいる仕事ですが、将来的にいつか自分のお店を持ちたいと日々頑張ってらっしゃる方も多くいます。また専門のスクールに通いプロを目指すケースもあるようです。そんなバーテンダーの求人ですがお店自体には何人も在籍しているわけではないため求人数も多数あるわけではありませんが、お店のホームページであったり求人情報誌のウエブサイトに掲載されているケースが多いです。いつかは独立したいと考えているならば支援体制の整っているところを探してみるのもいいかもしれません。


check

2016/12/7 更新