バーテンダーへの道

バーテンダーへの道

バーテンダーを目指す場合のスクールについて

バーなどの職種の1つにバーテンダーがありますが、職業として目指す場合やバーなどの開業を考える場合にはお酒に関する基本から学ぶことが大切なことになります。 バーテンダーになるためには、一般的には2つの方法が考えられ、それは、業種としてしっかりした内容を掲げているバー等に務めて覚えていく方法と、スクールなどで1から学んでいく方法があります。現場で学んでいく方法では、業務の合間に覚えていことが必要となるために、お酒に関して全く知識の無い場合などにおいてはスクールに通う方法が最適な学び方となります。
スクールでは、基本的なものが学べる内容として、概ね、短期集中、個人授業、アクロバッティックにシェーカーを振りたい人向けのフレアコース、そして、簡単な料理ができるためのフードコースがあり、それぞれから自分に合ったコースを選ぶことができるようになっています。 バーテンダーを目指す場合には、スクールに通う場合に予習と復讐が非常に大切になり、少なくとも代表的となる酒の銘柄については、産地や特徴、歴史に関して全て覚えていく必要が重要になります。

バーテンダーになる為の方法と養成スクールについて

バーテンダーになりたい場合の方法、選択肢としては大まかには2種類あるといえるでしょう。独学で学び職について実践しながらスキルを磨くか、専門の養成スクールに通うかです。前者の場合は学校に通うより初期費用も抑えられ自分の好きなときに勉強する事ができます。しかし独学で勉強するには限界があり、モチベーションも保ちつつ長い時間をかけて学ぶのは中々容易な事ではありません。同時にバーテンダーとして職探しをするにも経験がないとなかなか就くことも厳しいのではないかと思います。資格を取得する為の勉強も必要です。これらを一人でやり遂げるのは簡単ではないのです。その点、養成スクールに通う場合、必要な資格についてのサポートもあり、何人もの講師がいる為広い視野で学ぶことができます。卒業後の独立開業、進路の相談等もサポートされています。即戦力を身に身に付けることができるのも学校に通う上での強みであります。結果的に独自で勉強するより確実に知識もスキルも身に付ける事ができるのです。

Favorite

Last update:2016/10/27